« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

心の水面に映る少女

川原真琴

深い眠りの底に、愁いを帯びた佇まいを見せる少女。それは
どこか懐かしく、儚く揺れる水面に映った幻を見るかのようだ。夢とも幻ともつかない、およそ現実とはかけ離れた、心の奥底に彼女は確かに存在する。
現実に存在し得ないはずの、僕の心に描かれた少女が実在
したことは、途方もない奇跡のように思えるんだ。

モデルとして、女優として、幅広い分野に踏み出し始めた川原真琴。モデルらしい凛とした美しさと、優しく柔らかい空気感を併せ持つ、最近では稀にみるピュアな雰囲気の女の子だ。DVD「蒼の少女」で鮮烈な印象を残した彼女が、2ndDVD「ためらい」で、どんな一面を見せてくれるのだろう。
今でも僕の心を捉えて離さないのが、透明感溢れる川原真琴の「蒼の少女」のイメージ。あのDVDのイメージは、心の深い部分に沈んだ「僕がかつて思い描いた少女」の面影を思い出させるきっかけを与えてくれた。
DVDの映像の中に、神社の階段に座って回想に耽るシーンがある。モノトーンな想いを交錯させる少女の心の揺らぎ。美しいピアノの旋律に彩られたあの横顔は、僕の心が人知れず形作った少女のシルエットと一致する。それは、まるで胸の内に大切に仕舞い込んだ宝箱の蓋を開けたような、驚きと微かな郷愁を僕に感じさせた。
なぜかしら、見覚えのある可憐な少女のデジャヴ。知的で近付き難い雰囲気を持ちながら、どこか優しい風情を滲ませる美貌。初対面の人に、人見知りする慎重な性格。それでいて一度心を許せば、とことん相手を信頼し受け容れる柔軟さも持っている。
そして、物事を深く考え、人に対して真摯な態度で臨もうとするその姿勢に、僕は自分に通じるものを感じているのかも知れない…。
川原真琴は、僕の心に映し出された、魂の絆を感じさせる少女なんだ。

心のどこかに置き忘れたモノクロームな少女の記憶。手を伸ばしても決して触れることの出来ない、透明感に満ちた懐かしい面影。
心の岸辺に佇む美しい少女の映像が、僕の脳裏をよぎる。
それは、深く沈んだ色を湛える湖の、水面のゆらめきに似た
儚さと、繊細な煌めきをもって僕を優しく包み込む。
心の水面に映る少女は、かけがえのない蒼い宝石なのだと
信じる。
いつしか、力尽き倒れる僕が伸ばす手の先に、蒼く輝くその
宝石は在るだろうか? 深い水底に沈む少女の面影を求めて、僕は水面に目を凝らし続ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

少女美の歪み

Riho 多種多様な側面を見せる次世代ジュニアアイドルの面々。単純に外見だけとってみても、移り変わる季節を思わせる変化に富んだ色合いを見せてくれる。
しかしながら成長期にある少女は、時に大きくバランスを欠き、異常気象を引き起こし甚大な被害をもたらすことがある。それは、さながら暴走し破壊の限りを尽くす巨大なハリケーンというべきか…。

どこか危うげな雰囲気を感じさせるのは、急激に成長を早める少女期において至極当然のことと思われる。けれども、ある
一部分が大きく突出し、あまりにもかけ離れてしまうと、それはもう何か得体の知れない奇怪なものに見えてしまう‥。
先日、3冊目の写真集をリリースした、ジュニアアイドルブームの立役者ともいえる飯田里穂。元々、あどけない丸顔がいかにもローティーンの王道を往く面立ちの彼女だったが…ここ最近の急激過ぎる肉体的成長は、まさに突然訪れたハリケーンによる破壊力を、まざまざと見せつけることになったのではないか。
世間でよくいわれる「ロリ顔巨乳」のイメージは、ある種のマニアからはもてはやされているらしい。しかし、僕にはどうしてもこれら大きくバランスを崩した発育は、本来あるべき少女の成長を逸脱した、突然変異による亜種にしか見えないのだ。
誤解しないで頂きたいのは、僕は飯田里穂を否定しているわけではない。そのキャラクターの良さは、握手会や天てれでの良きお姉さんぶりを聞き及んでいて、むしろ好きであったといってもいい位だ。ただ、今回の写真集「遠泳」では、そのギャップの激しい肢体を売りにするかのごとく、肌の露出の多い水着を着けて際どいセクシーアピールをこれでもかと投げかけているように見える。
これには、今までの彼女のイメージからして、違和感を禁じ得ない。。 異常に発育した身体をもって、新しい一面を見て欲しかったのだろうか!? 本人にどんな思惑があろうと、写真集を買う大半の男性ファンには、これはあからさまなセクシーアピールにしか映らないだろう。
以前に書いた記事の中で取り上げた、セクシー中学生による
本来の道すじからは外れたアイドルカテゴリー(参照:侵される領域  このままでは、否応なく飯田里穂はこの方向へ進んでしまうのではないか? 伝説的1st「プール」での純粋な少女らしさを見るにつけ、微かな物悲しさが胸を襲う。
Saaya

早熟過ぎる突然変異で話題を独占したといえば、まず入江紗綾が挙げられるだろう。彼女の場合は、年齢に見合わない大人っぽいルックスグラマラスな肢体という点で、多少意味合いが違うだろうか。こちらも2冊目の写真集を発売し、内容の程はよく知らないが、やはり輪をかけて濃厚なセクシーさに満ちているらしい。僕の彼女を見る目には、同じ理由から拭い切れない違和感が色濃く残る。
ファジーな感覚を本能的に好む人間の美的感覚からすれば、多少の歪みは快く思えるのかも知れない。しかし、大きく崩れた歪みを心地いいと感じるならば、それは人間の美意識そのものの歪みになりはしないか?
少女のあるべき成長という大命題は、これからも僕を思い
悩ませる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/16

夢を辿るアルバム

Kaho 長い年月を経て自らの足跡を顧みれば…一途にアイドルに惹かれ純粋に夢見た学生時代、よりピュアな輝きを求める内にローティーンへと幅を広げ、癒しを求めつつも冷静に分析しようとする今のスタンス。形は違えども求める真理はただ1つ、清純派アイドルの天使が降臨したかのような稀有な輝き
そのものなんだ。

青春時代の全てをアイドルに捧げてここまで来た男の半生は、筆舌に尽くし難い哀れさに満ちているが、ある意味においては、夢の中を漂い遊ぶ幼子を思わせるささやかな幸せを得られた気もする。甘い夢を写し出したアルバムともいうべき、アイドル写真集に執着を見せたのは、僕にとってごく自然なことだったろう。
一時は数百冊に及ぶ収集に高じる時期もあったが、最近は大分落ち着いた感がある。このほど、高校生以上のアイドル写真集を全て処分するに至った。清純派ならではのピュアな輝きが薄れかける現代では、それを求めようとするならば、ローティーン世代の少女に求めるより他ないからだ。
過去に名作と呼ばれる写真集の数々。その全てに共通するのは、「素顔を垣間見せる黒髪の少女」のイメージである。もちろん、水着を始めとした普段見られない装いも見所ではあるが、それらはあくまで完成度を上げる為のアプローチに過ぎない。 ここに、最近発売された写真集の中から、最もあてはまる一例を挙げてみよう。

魅惑的な美少女性をもって、ほんの一時、正統派アイドルへの夢を抱かせた新世紀美少女夏帆(参照:正統派美少女 消えゆく可能性 アイドルに未練を残す僕個人の感傷はともかく、数多くのドラマ出演、映画ヒロインと、これ以上にない若手新進女優の道をひた走っている。
公開中の「小さき勇者たち ガメラ」の舞台裏を写したファースト写真集は、映画メイキングを感じさせることない、夏帆の素顔溢れる中学生の今を感じさせる一冊だ。セーラー夏服が限りなく似合う、等身大の中学生らしさ。焼肉やかき氷に舌鼓を打つ子供のような無邪気さ。新幹線で読書に耽る大人っぽい横顔。そして何よりも、草原で黒髪をなびかせる少女の姿が、僕の脳裏に鮮明な映像として焼き付く。
心に訪れる突然の美少女の波。それをありのまま受け入れることが出来るなら、純粋な少女の魂に触れたかのような煌きと、夢で出逢う黒髪少女の甘いフレグランスを共に享受出来るだろう。服のまま海水浴してしまう不自然さはありつつも、なかなかの秀作だと認めよう。

僕の心を捉えて離さなかったアイドル達の面影。それは決して風化し消えてしまうものではないが、写真集という形で手元に残るのなら、きっと貴重なアルバムになるだろう。
甘く切なくときめいた夢の道しるべは、在りし日の少女の笑顔として刻まれているんだ。

個人的に「過去の名作」と、おすすめ出来る写真集を紹介。
アオイソラ 少女の空
過ぎ去りし夢の足跡を是非。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/05/10

美少女転生 躍進を告げる予感

Vol36 最も多様な面を見せる、変化に富んだ少女の時間。変化の乏しい大人のそれとは全く異質の、神秘的な世界がそこにはある。
注意深く見つめていないと、ほんの一瞬で見る見るうちに遠ざかってしまう稀少な輝き。わずかの期間で散りゆく桜のような可憐さは、僕らを高揚させるに十分な魅惑的な力をもって押し寄せては通り過ぎてゆく…。

自堕落なゴールデンウィークを過ごした僕は、英気を養ったというよりはむしろ…無気力さに拍車が掛かり、心と身体の老化を促進させたというべきだろうか。徘徊する認知症老人のごとき足取りで書店に赴いてみる。そこで僕の目に飛び込んだのは、一木有海(あみーご)の鮮烈過ぎる美少女フォトグラフ!
そう、ピュアピュアでついに次世代美少女の大本命との呼び声高い、あみーごの表紙・巻頭グラビアが実現したのである。
にわかには高まる鼓動を抑え切れない、ある種の興奮状態。あまりに突然の美少女オーラは、脳髄を激しくシェイクして吐き気さえ催させる。干乾びた老体には、少々毒でもあるのだ。
呼吸を整え、深呼吸。萌え過ぎる魂をなだめつつ‥Vol.36
見ていくとしよう。

一木有海
少女の成長美を、これでもかと投げかける次世代美少女の急先鋒。脳を直撃する美少女ぶりと、少女らしいしなやかな脚線美に、ちょっとした臨死体験を味わった。屋内でまったり、屋外で元気に遊んだりとシチュエーションも良好。部屋着や制服風の衣装で、表情も豊かに。言うことなし! 
インタビューからは、「表紙が信じられない」謙虚で愛すべき
キャラクターが見てとれる。 本格的な少女期に差し掛かるあみーご。天てれ以外での活動拡大の期待も込めて、見守っていきたい。
今莉花子
神元結莉に代わる「究極の美少女」の称号を与えたくなる、神々しいまでの輝き。稀有な美少女性は、もはや「子供の可愛さ」の範疇を悠に超えている。美少女マニアで、彼女の名前を知らないなら、確実にチェックしておくことをお勧めする。
大人しいかと思えば、おっちょこちょいでイタズラ好きなキャラも見え始めた。行動が「とろい」ところも、まさにとろ萌え~っ!! だ。失礼‥。
清水萌々子
新進気鋭の萌え萌えっ子」と、巷で噂の?美少女。映画出演を重ねる彼女は、やはり女優系なのか? 少女っぽさと元気で無邪気なキャラは、なかなか惹き付けるものがある。
映画「神の左手 悪魔の右手」で、あの紗綾とも共演するらしい。楽しみだ。
岡井明日菜
ハロプロキッズ℃-uteの岡井ちゃん(岡井千聖)の妹とのこと。お姉ちゃんとは、随分と印象が違って見える。丸顔で大人しそうな雰囲気は、姉妹を感じさせない独自の魅力か!?
お姉ちゃんでなく、後藤真希に憧れるハロプロ金の卵だ。
越井真優
CM出演経験豊富な、テレビでよく見かける可愛い女の子といった風情。よく見ると整った、それでいて優しげな顔立ちが印象的。黒髪ロングに、清楚な白い衣装がよく似合う。お人形遊び、お花好きと、女の子テイストがよく効いている。
松井さやか
小学校卒業したてとは思えない大人っぽさ。それでも爽やかな少女らしさを失うことなく、正統派の香り漂う真摯さを感じる。
セーラー服を含め、あらゆる衣装が抜群に似合うのもピチモならでは。匂いにうるさいマニアックな一面も面白い。
立花未樹
川原真琴麻亜里と同じ事務所で、親交も深い。いわゆるおっとり天然系の娘らしいが、上背のあるスレンダーなスタイルは、モデルでもグラビアでも活躍出来そう。ネットをこよなく愛する彼女のブログは、更新頻度高めで内容も充実。御一読あれ。
小池里奈
今号の目玉の1つであるのが、新星美少女の水着。白ワンピやパステル調ビキニなど、中学生になったばかりの美少女がこれだけ水着を見せてくれるのは、なかなかに珍しい。この年齢特有のしなやかなスタイルとあどけない顔立ちが、完璧なベストバランスだ! 少女の水着を魅せるならば、まさにこれなんだ。コアな美少女マニアの方なら、納得して頂けることと思う。
Ami

ここ最近では、目を見張るほどの充実した内容だといえるだろう。見所は言うまでもなく、一木有海巻頭小池里奈の水着、それに加えて今莉花子の尋常ではない可愛さといったところ。 これまでピュアピュアを見たことがないという人にも、今号は是非見て欲しい。美少女の何たるかを、その可憐さでまざまざと知らしめてくれるに違いない。
次々に新たな衣を身に纏う成長期の少女は、まるで転生を繰り返す妖精を思わせる。奇跡的なその一瞬を眼に焼き付けて、躍進する少女の未来を夢見る…それこそが、甘い夢にたゆとう美少女からの贈り物なんだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/03

アイドル空洞化の哀しみ

Asami

黄金週間という煌びやかな響きに誘われて、海外旅行やレジャーを満喫する優雅な人々。普段から引きこもりがちな僕はといえば…日がな一日ネットゲームに講じたり、巷で噂の雅ちゃんラーメンを食して、夏焼テイスト萌えを享受してみたりと、相変わらず飽くなき残念な日々に身を委ねるのが日常の常という
もの。
緩み切った怠惰な毎日を送る僕に、衝撃的な一報はいつも
突然に訪れる。いや、むしろ「またか‥」と、半分呆れるかのような心持ちで受け止めたというべきか。
モーニング娘。紺野あさ美小川麻琴が、学業優先を理由に突然の卒業Berryz工房石村舞波に続く、いわば「進路変更」による自主的な脱退となる。言わずと知れたトップアイドルに君臨するモーニング娘。にありながら、こうも簡単に訣別出来るものなのか!? あくまで前向きな姿勢を崩さないつんく
だが、心中穏やかではないに違いない。
このところ、フットサルに固執する等、不可解なアプローチが数多く見られて、王道をひた走るはずのアイドルらしくない活動ぶりの目立つモー娘。 予測し得ない亀裂が生じ始めた気がしないでもない。

過去に黄金時代を築いた、正統派アイドル不朽のカテゴリー。 モーニング娘。に代表されるこの範疇は、今や極めて流動的で不安定な地盤の上に立たされている。混迷するアイドル界は、徐々にその姿を本来あるべきものから変えつつあるのだろうか? この辺りで、その全貌を再確認する必要があるのかも知れない。
一般に、若手女性タレントを総じて「アイドル」と呼ぶことがあるが、これはとんでもない間違いである。アイドルとは、一定の水準に達する美貌と人に愛される可愛さを併せ持ち、なおかつ自身の魅力を効果的にファンにアピール出来る能力を持ち得る
女性のみに与えられる、高貴な称号なのだ。それを踏まえた上で、今ある現状を見ていってみよう。(主に中学生以下で)

正統派アイドル
長らくモーニング娘。を始めとした、ハロプロ勢が人気を独占。一時期の勢いは確実に衰えを見せ、栄華を誇った「あやや」こと松浦亜弥もコンサートで空席を埋められない準主役の位置に。加護亜衣の不祥事によるダブルユーの有名無実化、今回のモー娘。空中分解の危機と、不安要素が尽きることはない。子供の急成長を象徴する、Berryz工房の成長が唯一の救いか。
他には、話題性のあるAKB48が挙げられるが、素人味が抜けずルックスの評価もバラバラ。ユニットとしての完成度がハロプロ勢に遠く及ばず、一時期のブームで終わる可能性も。
グラビアアイドル
入江紗綾しほの涼など、いわば突発的な人気の爆発力を知らしめることとなった、ローティーングラドルの出現。今や小学生に至るまで、肌の露出が多い水着で過激なアピールをする
時代となった。急激に拡大するその影響力は、アイドル王道であるべき正統派アイドルの分野までも侵食し兼ねない勢いだ。(参照:侵される領域 中には、ゲテモノ、キワモノも入り混じり、アイドルの定義そのものを揺るがす危険性をもはらんでいる。
女優系アイドル
正確にいうと、既にアイドルという選択肢を捨て去り、女優に専念する若手新進女優も含まれる。特徴的なのは、成海璃子夏帆といった美形・清純派美少女が多いということ。これらの少女らは、最初から女優志望の意志が固く、それだけに意欲的で実力派が出揃う。アイドルの可能性を感じる美少女が多数流れ込んでいて、アイドルマニアとしては歯痒い思いをすることしきりだ。福田麻由子志田未来などのローティーン組も控えており、今後も拡大を続けそうな気配。

アイドルの世界において、根幹となる正統派アイドルの止まらない空洞化。誰しも認めるトップアイドルの座よりも、「学業」を優先させてしまう取捨選択にどうしても虚しさが込み上げて
しまう‥。
グラビアアイドルとして、男性ファンを虜にするのもいいだろう。女優として、観衆を魅了するスクリーンのヒロインを目指すのもいいだろう。 ただ、分かって欲しいのは…ほんの一時でも
高揚する甘く切ない感覚を知ることが出来たなら、それはずっと心の中に生き続け、人を支える力にすらなるのだ、と。 
夢を見せてくれるアイドルを、決して軽んじてはいけないんだ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »