« 心の泣き声を奏でる少女 | トップページ | アイドル空洞化の哀しみ »

2006/04/26

クールビューティーの本懐

Yurina ゴールデンウィークをもって幕を閉じる、Berryz工房春コンサートツアー「にょきにょきチャンピオン」。
少女らの躍動感溢れる高いパフォーマンスに大いに魅了され、初のコンサート参戦を誓った僕だが…予想を上回るベリ人気により、チケットの入手ですらままならない状況。それでなくとも、テンション控えめに自分なりの楽しみ方を望む僕には、あの狂気乱舞するベリファンの中に飛び込むのはやはり不安感が拭い切れず‥チケットが簡単に入手出来ないのは、ある意味致命的だったり
する。
そんなわけで、ベリコン初参戦は次の機会となってしまったわけだが、聞くところによると今回のツアーではいわゆる「個人推し」をメインテーマに掲げた異例のものとなっている様子。そう、つまりにょきにょきと急成長する熊井友理奈(くまさん)が主役であるらしい。
なぜ今、くまさんなのか? それは言うまでもなく、ベリメンの中において最も著しい身体的な発育を見せ、それと共に他メンの持ち得ないクールビューティーな雰囲気をも加味した、新たな
魅力を見い出したからであろう。
ももりしゃなど、アイドル性、美少女性をすべからく注目する傾向のある僕にとって、くまさんの成長は完全に盲点であった。
ももち! ももち!! と、舞い上がる僕の背後に立つくま山脈は、もはや不意打ちに等しく、戦慄するに余りある。元々、生粋のベリヲタとはいえない僕が見ても、とび抜けた特徴を見付けられなかったくまさん。彼女について語ろうとするには、あまりに取っ掛かりが少な過ぎる。したがって今回は、僕の憶測と妄想を連ねるだけに止めよう。(大抵、いつもそう!?)

Berryz工房の人間関係を語る上で、非常に重要かつ微妙な役割を担うくまさん。戦力の均衡を保つのに欠かせない、カウンターウエイトの位置付けを意識なくこなしているように思える。
当初、O型の多いベリにおいてB型のくまさんは、異色な存在として受け入れられたはずだ。しかしくまさんの場合、人懐こいポジティブな性格が幸いしてか、多くにおいてメンバーから親しまれるいわば「放っておけない存在」を確立したといえるだろう。
現に、雅ちゃんを巡るみやさき・みやりしゃ紛争を、まあさんという平和の使者を駆使して平和的解決を図ったという経緯がある。メンバー間の潤滑油となる働きぶりの目立つ彼女だが、
その人を引き寄せる魅力が時に新たな火種を生むこともある。
水面下で反目するももちなにとって、くまさんはあらゆる局面で優位を保つことの出来るスーパーウエポンである。でっかいダブルユーという既成事実(現段階では崩壊か?)を盾に頑なな姿勢を崩さないちなこに対して、高人気と年長組の特権を武器に徹底抗戦を叫ぶももち。一時は、キューバ危機を彷彿とさせる一触即発の事態にまで達し、(参照:謎の巻物全面戦争も危ぶまれたが、最近ではやや沈静化してきたと見られる。ももちなにおいては、単に互いのキャラが合わないといった点でも摩擦が起きやすいだけに、今後くまさんは注意深く2人の関係を見守る必要があるだろう。
もう1つ、くまさんのキャラクター分析をさせてもらえるなら、あえて挙げたいのが、加速する身体的成長に対する心理状況である。最初の内、背が伸びるのを誇らしげだったくまさんだが、次第に止まらない成長を憂う言動が目立つように。大方のファンにとっても、こういった急激な変化は歓迎しかねる傾向もあるようで、どうもごく一部ではあるが暴言を浴びせられるような事もあったようだ。BLTで靴のサイズを過大表示された時も、かなりムキになって訂正していたりもした。
Momochina

本来は、幼く無邪気なキャラクターが身上であるくまさん。身体と心のバランスに悩まされる思春期の少女ならではの、密やかな苦悩がむしろ愛おしくさえ感じる。
彼女はきっと知っているはずだ。クールビューティーな大人っぽさよりも、人に愛される可愛さの方が、アイドルの魅力としての価値はずっと尊いのだ、と。 見かけよりも、内に持つ純粋無垢な少女らしい輝きが何より大切なのだと、くまさんは僕に教えてくれた。

|

« 心の泣き声を奏でる少女 | トップページ | アイドル空洞化の哀しみ »

コメント

 「にょきにょきチャンピオン」をパスされてしまうとは、なんとももったいない。
 今回のツアーはキッズアイドルのパフォーマンスとしては最高度の完成度だと思うくらい、彼女たちは成長して(しまって)いますよ。もしかしたらもう、キッズの範疇に入れるには厳しくなってくるかな?ってくらいです。
 熊さんがアレを背負ってる姿も多分見納めになっちゃうし。。。

投稿: tucker | 2006/04/27 10:24

色んな所で、にょきにょきの充実度はよく耳にしました。しかしながら、元来在宅派でコンサートに免疫がない僕のようなタイプには、最初の一歩がなかなか踏み出せないものなんですよ。。
ベリのパフォーマンスは、この年齢層のアイドルとしては、間違いなくトップクラスでしょうね!
くまさんのアレですか…もう想像するだけで、萌え狂いそうですっ!

投稿: santa | 2006/04/28 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/9773062

この記事へのトラックバック一覧です: クールビューティーの本懐:

« 心の泣き声を奏でる少女 | トップページ | アイドル空洞化の哀しみ »