« アイドル誌戦国時代の到来 | トップページ | 侵される領域 »

2006/03/21

ももち論 轟く咆哮

momokoハロープロジェクトの中でも、そのとび抜けた驚異のアイドル性が注目されているBerryz工房嗣永桃子(ももち)。もはやアイドル界においても、松浦亜弥に次ぐ次世代正統派アイドルの有力候補として、決して見過ごすことの出来ない位置にいる。
まるでアイドルになる為に生まれてきたかのような、必要なあらゆる要素と尽きることないアイドルアピール。これは単に天性の素質というだけでは片付けられない、一種異様な恐ろしい程のパワーを感じるのは僕だけだろうか!?
江川卓が昭和の怪物、松坂大輔が平成の怪物と呼ばれるなら、嗣永桃子はアイドル界の眠れる怪物、まさにアイドルモンスターと呼ぶに相応しい!!
これまでももちの無限大の素質と可能性に大いに触発されて、その外見からキャラクターアピールに至るまで徹底検証してきた。(参照:もちろん、ももち論! ももち論 神の小指 今回は更にそれらを深く掘り下げるべく、ももちならではのアピールやイメージ戦略を今一度見ていってみよう。

ラジオ「Berryz工房 起立!礼!着席!」の中で、ももちが自由奔放に創り出した決まりごと。いわゆる嗣永憲法なるものがある。これは他メンが成し得なかった、言わばももち色を強力に打ち出した核弾頭の一角といっていいだろう。

第1条  テストの点は訊くな
第2条  緑茶は「みどりちゃ」と読め
第3条  「少なめ」のことは「小盛り」と言え
第4条  頑張るときは自分の名前にパワーを付けて使う
第17条  電車に乗る時に切符は4桁の番号がある方には
      穴を開けるな
第24条  嗣永桃子を大人扱いする
第52条  K太郎のレコメンを聞く
第147条 冬はストーブの近くの特等席を取る
第214条 バレンタインにもらったチョコはおいしくなくても
       「おいしい」と言う
第231条 髪の結び目はアゲアゲで

こうして羅列してみると、そこはかとなくももちのキャラクターを感じられるのは面白い。「りょくちゃ」より「みどりちゃ」の方が確かに読みやすく、分かりやすい。いっそ教科書改訂してしまえ! 桃子パワーで頑張るももちの姿が眼に浮かぶ。切符はよく知らないが、番号を遊びで使うらしい?? 大人ぶりたいももちだが、メンバーに否定されまくるところが可愛い。アゲアゲ結びのももちは中2から一気に小学生へ…。見た目年齢をも自在に操るももちマジックが驚異だ。
嗣永憲法はももちの名を冠するに値する、絶大なインパクト
ファンに与えるのだ。

イメージの面では、ファンの間でももちの貧乏キャラが定着しているようだ。しかしこの貧乏イメージ、何の根拠もないにも拘らず(一説には、同じジーパンの写真があったとか?)ももちのイメージにぴったりではないか!?(失礼) 決して絶世の美少女とは言えないももち。顔の造りもどことなく貧相(たびたび失礼)だし、高級寿司ネタが好物でコンサートではケータリングを独り占めする食いしん坊ぶり。そのイメージが加速し挙げ句の果てには、金持ちお嬢のりしゃこを銀行にする金の亡者と謳われる始末。何やら突飛な展開も見せているが、これもファンのイメージが確立し、より注目を集めている証しと言えるに違いない。
niceidol-momo

この他にも、女の子座り、特異な?料理っぷり等、ももちのアピールは語り尽くせないが…真にももちのアイドル魂が集約されているキーワードはズバリこれだ。
NICE IDOL MUST PURE
まさにアイドルマニアの代弁者たる、ももちの誇り高き精神。
ピュアでなければアイドルにあらず。全ての時空を越えてその真理が我らがももちの熱い魂に受け継がれたのは、心強いことこの上ない。
ギャグ100回分愛してください」に始まるももちの未知なる覚醒。新曲「ジリリ キテル」、春コンサートツアー「にょきにょき
チャンピオン!
」と、新たな躍進を告げる予感が走る。

アイドル王道のど真ん中で、今なお眠れるアイドルモンスター嗣永桃子。常に空腹をたたえるももちの鋭い眼光は、絶対的
強者が放つ威厳そのものだ。
それでも僕らはももちを避けて通れない。楽園にも似た淫靡で可憐な桃色の世界が、僕らを捕らえて放さないのだ。
僕は確かに耳にする。地の底から響き渡る恐ろしい咆哮を。
空虚なアイドル界に向けての嘆きにも似たその咆哮は、あらゆるアイドルフリークを震え上がらせ、楽園の住人たらしめる
のだ。

|

« アイドル誌戦国時代の到来 | トップページ | 侵される領域 »

コメント

桃子さんに貧乏キャラが定着してるとは知りませんでした。でもイメージぴったり(失礼!)
そう言われてみれば、桃子さんからは「頑張り」を超えた、ハングリー精神みたいなものを感じさせてくれます。

投稿: ねこぽく | 2006/03/22 18:19


桃子独特のプロ意識からくるサービス精神が、見ようによっては必要以上にハングリーに見えるのかも!?
でも、金持ちお嬢様よりも貧乏娘の方が断然応援したくなりますよね!

投稿: santa | 2006/03/23 19:25

きょうは、ちのにハローと太郎へハローがちのでキャラクターが咆哮したかも。
それでもちのまでそのものは失礼したいなぁ。
しかしハローと着席したかったの♪

投稿: BlogPetのAki | 2006/03/27 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/9195378

この記事へのトラックバック一覧です: ももち論 轟く咆哮:

« アイドル誌戦国時代の到来 | トップページ | 侵される領域 »