« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/29

忘れえぬ日々 追憶の少女

Berryzkobo

津波のように押し寄せる歓声。別れを惜しむ悲痛な声援。僕はこれを待っていたんだ…。
石村舞波ラストエナジー、Berryz工房コンサートツアー「スイッチON!」DVD。 三ヶ月前のあの日、僕らは慣れ親しんだ少女と別れなければならなかった。最後まで笑顔を絶やさなかった舞波の去り行く姿が、焼き付いて離れない人もいることだろう。
心に焼き付いたあの日、あの瞬間を反芻するがごとく‥8人での忘れ難いラストステージ。熱い想いがこみ上げるのを抑えつつ、完全燃焼する少女のラストエナジー、じっくりと観てゆこう
じゃないか。

なん恋 デレシン
最初からアクセル全開の出し惜しみなし! ダンスの切れも
抜群で、このステージに賭けるメンバーの意気込みを感じるようだ。
ステージを大きく使ったダンス構成に感心。りしゃこの表情に
若干の緊張が!?
MC1
他己紹介のアイデアは新鮮で面白い。ちなこの熊っちゃうガオー! が癖になりそう。りしゃこの料理好きは意外な感じな‥。吸い込まれちゃう~ベリーに! いかんな。。
キャプテンのお知らせで楽しげな空気が一変。舞波の挨拶。
桃子の横顔の深刻さが全てを物語っている。コメントを間違えて言い直す舞波がいかにも舞波らしい。
徳さん・雅の愛のポエム
面白い組み合わせだが、ちなこの天真爛漫さが際立つ。ありゃりゃ~で初デート??
かっちょええ!
ちなみやのフェードアウトがいいね。ノリのいい曲調とユニークなダンスが絶妙にミスマッチ! 舞波の新たな魅力を発見した気がする。実に惜しい。。
TODAY IS MY BIRTHDAY
アダルトな雰囲気のこの曲を歌うのには、成長著しいこの2人がぴったり。雅ちゃんの安定したボーカルはもとより、りしゃこの低音の効いた声質もうまくマッチしている。
小遣いUP大作戦
タイトルからはちょっと想像出来ない、アンニュイなスローナンバー。猫手気味の奇妙な?ダンスが妙に癖になる。不謹慎ながら、桃子の腰つきとお尻に釘付けになってしまった…。
(VTR)
SEASONZ」写真集の浴衣カットをうまく取り入れて構成。舞波の髪型が自然に見えてなかなか可愛いじゃないか。曲中での舞波コールが大きくて少しびっくり。
夢でドゥーアップ
ゆったりとした幻想的な曲調に癒される。夢の中に入ってゆきそうな子守唄効果が絶大。舞波との別れも、夢の中の出来事だったら‥と、誰しも思ったろう。
恋の呪縛 スッペジェネ 友情‥
さすがにラストで、アップテンポなこの3曲はきつそうだ。呪縛からスッペジェネへのつなぎは見事なものだ。キターーッ!!感が最高! しかしそろそろりしゃこの肺が限界?
友情‥のラストは血管が切れそうだ…。
MC2
揺れる青いサイリウム、鳴り止まぬ舞波コール。ついに来て
しまったんだね‥別れの時が。
「笑顔でお別れ」が何とも舞波らしい。口を真一文字に結んで、泣くのを堪えるりしゃこが健気だ。
BERRY FIELDS
まあさの眼に涙が溢れる。Berryzのママとして見守ってきた
彼女にとって、我が子を失うようなものだろう。
桃子が泣きくずれそうになるのを、舞波が寄り添い支える。
共に支え合った、この2人の友情が変わることはない。
Bye Bye またね
りしゃこが堪え切れず、号泣。「また会いたい」舞波…。ゆりちな号泣。雅ちゃんも必死に堪えていたのではないか?
桃子の笑顔は舞波に捧げていたに違いない。花束を抱えた
舞波の笑顔を決して忘れないだろう。maiha-last

舞台裏が少しだけ収録されていた。粋な計らいに感謝。スタッフロールに「Bye Bye またね」のインスト。この曲を聴く度に、
舞波を思い出すことだろう。
確かに触れ得た少女の熱き魂。忘れられない、少女との楽しき日々。それを捨て去るのでなく、大切な思い出として胸にしまい置こう。新たな少女の旅立ちを祝福しつつ…。
あの日確かに舞波が存在した事実があれば、それでいい。
最後まで笑顔を絶やさなかった舞波の懐かしい面影は、いつ
までも僕らの心に呼びかけるだろう。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2005/12/22

2005年 アイドル総決算

今年からブログを始めてみて、好き勝手にアイドル論評を展開してきたわけなのだが…あまりにも独りよがりで妄想とも取れるような独善的かつ、マニアックな記事を書いてきてしまったものだ。。と、反省してしまうことしきり。
とは言っても、これからもこのスタイルは変えられないだろう。
アイドルに溺れ、その深淵の闇に果たしてどんな真理が潜むのか? この眼で見届けるまでは、手探りで愚論を展開してゆくに違いない。来年もまた救いようのない、漂流を続けることになりそうだ。

さて、今年も残りあとわずか。ここで新進アイドルに翻弄された一年を振り返る意味でも、今年最も活躍の目立ったジュニアアイドルを今一度見ていってみようと思う。(ランキング形式にて)嗣永桃子

1位 嗣永桃子(Berryz工房)
Berryz工房ではセンターメンバーとして揺るぎない人気を誇る。これまでは実力派の夏焼雅ちゃんを推す傾向にあったが、年末の新曲などから分かる通り、徐々に変化の兆しも。
抜きん出たアイドル性と、万人受けする美少女性は只者ではない! 来年こそは大型アイドル創生期、文字通り桃子イヤーにして欲しい。

2位 川原真琴
ピチレモン専属モデルとはいえ、知名度は今ひとつ。しかしながら、映画「七人の弔」のヒロインに抜擢されるなど未知なる可能性を感じる。
ファーストDVDの完成度もかなりのもの。モデル系美少女でありながら、多方面での活躍を期待出来る逸材だ!中村有沙

3位 中村有沙
天才てれびくんMAXでのお姫様イメージが鮮烈だった。特筆
すべきはファースト写真集「ひめまつり」が、写真集ランキング上半期売上1位を記録した事だ。
空前の人気を示したにも拘らず、天てれ卒業後の後半は一気にトーンダウン。映画出演もあったが、伸び悩んだ感は否めない。 だからこそ来年の飛躍に期待がかかる。
4位 入江紗綾(さあや)
この位置は意外に思えるかも知れないが、爆発的な話題性の割には写真集、DVDの発売と限定的な活動のみ。情報が独り歩きしたりと、正確な評価が困難な状況。
おそらくは、紗綾タイフーンが吹き荒れるのはこれからと思われる。あえて注文を付けるとすれば…もう少しファンを大切に思う、アイドルとしての基本姿勢が是非とも欲しいところだ。
5位 菅谷梨沙子(Berryz工房)
リードボーカルの役割を担う印象が強い欧風美少女。幼少期の神々しい可愛さから、随分と大人っぽい成長を遂げたものだ。
子供っぽい無邪気なキャラクターは、愛すべきものがある。
ライブでの表現力ボーカル技術の急上昇は、目を見張るものがある。その頑張りにエールを送りたい。
6位 しほの涼
ある意味センセーショナルな、「ローティーン美少女のセクシー」に挑んだマイナーアイドル。極めてチャレンジング、かつ掟破りなその振る舞いは衝撃的だった。
スリムな足長少女の外見と裏腹に、アキバ系?な天然キャラがミスマッチ! 来年には声優や歌手デビューの話もあるそうで、ますますブレイク機運が高まる。楽しみな存在だ。

女優路線に完全にシフトしたと思われる美少女は、この際省略した。
個人的な嗜好が多少?入りつつも、純粋に次代のアイドル界を背負う少女を客観的に評価してみたつもり。
来たるニューイヤー。ジュニア世代の更なる飛躍と新たに生まれ出づるニューフェイスに期待をかけつつ、アイドル新時代の到来を待ち望もう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/12/15

新たな試み

shoboh いつの頃からか感じ始めていた。法律による規制強化によって、いわゆるローティーンアイドルのメディア露出に何かしら制限が設けられているかのような嫌な雰囲気。
あくまで芸能活動の一環として、小中学生が水着を含めた多少の肌の露出をしたとしても何の問題もない。性的なアピールがない限り、表現の自由は守られる。 こういった当たり前な認識が最近になってようやく浸透してきたように思える。

ピュアピュアレモンティーンプラスとは一線を画する、独特なアダルト感が特徴の海王社ムック Chu→Boh
個人的には、アダルト誌を思わせる露出を重視した乱雑な誌面、モデルの女の子の質のばらつき…等、正直言って評価出来る内容ではなかった。ただ、中学生アイドルに的を絞ったその観点は斬新で興味を引くところが無いわけでもない。
そんな海王社がやってしまった! かつて有り得ただろうか!? 成人男性をターゲットに、声高らかに小学生限定のムックを発売してしまうなどという、離れ技をやってのけた出版社が!
と、そんなわけで手にしてみたSho→Boh創刊号。文字通り、世界初?? 小学生オンリー! のフレーズが衝撃的、かつキャッチー。 Age6~12の表記が改めて危険な香り?を漂わせる。
90分超のDVDが付いて、2,000円を切る価格は驚くほど安い。この値段であれば、本体やトレカがやけに柔らかくペラペラしているのも仕方ないのかも。グラビア内容も大したものではない。DVDを中心に、注目すべき女の子達を見ていくとしよう。

小野明日香
小動物的な可愛さが際立つ6年生。黒髪ロングと折れそうな華奢さが醸し出す清楚な雰囲気は、なかなかに素晴らしい。
素の拙い喋りや食べる時に口元を隠す仕草が女の子っぽくて、可愛くてたまらない! 
日高里菜
愛らしいルックスを持つ子だが、早口で喋りまくるお喋りなキャラクターがどうにも好きになれない。「あっぱれさんま大先生」で、さんまに食って掛かった生意気キャラが今だに悪いイメージとして焼き付いている。それにしても、女性カメラマンの「可愛い!」連発は何とかならないのか? ウザくて仕方がない。
山中知恵
チャームキッズ、山中真由美の妹らしい。「かったるい」印象の、共通の遺伝子を感じずにはいられない。整った顔立ちと少女っぽさがミックスされた不思議な魅力。大人しい子で、自分だけの世界を持っているようにも思える。声が低いのがやや難点か!?
吉沢真由美
天使の絵日記シリーズですでに数枚のDVDをリリース。さすがに撮られ慣れているのか、カメラマンの要求にも旺盛なサービス精神で応える。細いが、しなやかで鍛えられたアスリートのような肉体。腹筋とかかなりスゴイ。あどけない容姿とのギャップが受けているのかも。
紗綾
お馴染みのアイドルタイフーンこと、さあや12歳。(参照:かつてのハリケーン、再び 本DVDでは水着がいまひとつで、表情の変化も乏しい。なにしろ収録時間が短いので、おまけの顔見せといったところ。さあや好きならDVDを買おう。
小池里奈
美少女戦士セーラームーン」で見せた存在感と演技力は記憶に新しい。あの頃と比べると、愛嬌のある笑顔が魅力的な美少女に成長を遂げたようだ。「おにいちゃんといっしょ」というDVDを出しているが、まさにその独自のいもうと感は是非とも持ち続けて欲しいものだ。
神元結莉(ピックアップ)
個人的にその美少女性に太鼓判を押せる究極の美少女(参照:究極の美少女 ここ最近、CM以外で目立つ活動は見られないが‥髪を切ったその姿がこの上なく新鮮に映る。に、してもこのライター、堀北真希の少女時代に照らし合わせるとは目の付け所がいいじゃないか。これからの本格的な活動を心の底から切に願う。(アイドル、女優を問わず)asuka

全体的に撮影風景を収録したDVDだと言えるが、総勢11人の小学生美少女で水着もアリとくれば買って損はないだろう。特に、小野明日香の清楚な愛くるしさは一見の価値あり。
ムック、もしくは写真集としての完成度はまだまだかも知れないが、こうした新しい試みは歓迎したい。将来性溢れる次世代ジュニアアイドルが、何者かに縛られることなく公然とフューチャーされる環境が整う事がファンの悲願であり、理想でもあるだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005/12/08

悲しみの果てに気付くこと

saki ピュアピュアでうかがい知る事が出来た少女の成長に惹かれて、もはやお馴染みの街となってしまった秋葉原を訪れる。
お目当ては急速な成長ぶりが目覚ましい美少女、船岡咲。その神秘的とも言える成長の証をこの眼で確かめようと、勢い勇んで訪れたのはいいが…何とイベント開始時刻を間違えて参加出来なくなる! という、とんだ凡ミスをやらかすはめになろうとは。。
しばし茫然自失。秋葉原の街をやや挙動不審気味に漂い歩きながら、それでも無意識の内に僕の視線は価値あるアイドル
写真集の類いを手繰り寄せる。

新刊コーナーに山積みされた、Berryz工房セカンドライブ写真集スイッチON!」を視界に捉える。
僕の知る限り、地元栃木では予約でもしない限りは発売当日に写真集を手に入れるのは至難の業だ。そんな鈍重な日常の中で、この写真集が発売されていた事をすっかり忘れていた。(単純に疲れ気味かも)switch_on
さて、早速手に取ってみると‥裏表紙のおそらくは最後のアンコールと思われるメンバーの表情に眼がいく。何といってもりしゃこのすがるような、悲しみを堪えるような潤んだ表情が印象的で胸を締め付けられるようだ。
DVDも観ていない段階で、この写真集だけ見ても正直言ってなかなか伝わりにくいものはある。でも、このライブツアーに賭けるメンバーの意気込みと別離の哀しみはそれとなく感じられる気がするのだ。
ここからは、特に印象に残った場面のみを簡単に見ていこう。

ツアーレッスン、リハーサル
メンバーの真剣な表情と合間に見せるリラックスした表情が好対照。ブローしていない髪が素顔を感じさせて、逆に新鮮に映る。マイク片手にうつむく舞波が悩める姿を象徴しているようだ…。それにしても雅ちゃんの眼が怖い。
市原初日
舞波卒業発表が衝撃的! これはフレッツ動画でも見たが、キャプテンが新曲の発表でもするかのように突然卒業発表をし、ファンは大混乱。笑顔で舞波が改めてコメント後、目を閉じうつむく。神妙な面持ちで立ち尽くすメンバー。呆然とするファンの顔が見えるかのようだ。
夜公演でのアンコールでキャプテンが出てこないハプニングがあったようだ。すぐに出てきたキャプテンは号泣していたらしい。
やはり務めを果たそうと無理をしていたんだね。少しキャプテンが好きになった。
大阪
雅ちゃんがコケるハプニングがあったのだろうか??(詳細不明) 食パンをつまむ桃子がやけにハマっている…。
名古屋
ファンによる花束投げ入れ事件が起きた。最後のメンバー退場時に花束が投げ入れられ、キャプテンが少し考えた後に拾って舞波に手渡したらしい。もともとそういったものは拾うべきでないのだろうが、これもキャプテンの人柄が成せる業か。
ルール違反だが、ファンの気持ちも分からないでもない。
東京最終公演
アンコールでの桃りしゃの号泣ぶりは、やはり凄まじいようだ。まあさは泣くとむしろ恐い顔になる? 雅ちゃん以外は全員泣いていたと聞く。
特別なセレモニーはなく、キャプテンによる花束贈呈だけだったらしいが‥もっときちんと卒業式をしてあげてもよかった気もする。それとなく手軽に済まそうなどという運営側の意図が感じられる。
退場直後の舞台裏、℃-uteが泣きながらお出迎え。(なぜかめーぐるだけ笑顔) なかでも岡井ちゃんの号泣っぷりがやけに目立っている。舞波とはかなりの仲良しだったからねぇ…。
桃舞波の2shotは、ある意味ベストショットになったろう。

舞波は、本人が思うよりずっと皆から愛されていたようだ。
影の薄い存在と思っていたが、居なくなって今、改めて分かる気がする。舞波のように頑固で不器用で要領の悪い子が居てもいいと。
Berryz工房の1つの彩りが失われた喪失感は、DVDを観ることで倍増するかも知れない。たとえそれでも‥惜しまれつつ別離の悲しみの中、最後の輝きを放つ少女の魂を見届けようと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »