« 謎の巻物 | トップページ | ハイスコアならず!? »

2005/11/12

ピュアアイドルに必要なもの

mirai

恒例となってきたピュアピュアレビュー。別にひいきにしているわけではないが、同日発売のライバル誌レモンティーンプラス(VOL.7の表紙はホリプロ新兵器、寺田有希)と比べても‥写真の画質、連載企画の充実度、情報量の多さ、付録トレカの枚数(ピュア6枚に対し、レモン3枚)と、あらゆる面においてジュニアアイドル誌NO.1の称号は揺るぎない。
しかも今号、vol.33の表紙、巻頭は「女王の教室」でブレイクし、今、最も熱い12歳! 志田未来を掲載し、絶大なインパクトを見る者に与える。隔月発売でありながら、前号の緊急掲載といい、素早い対応。さすがに目の付けどころが違う編集力に頭が下がる思いだ。
さて、志田未来グラビアだが、相変わらず笑顔少なめの構成。なにしろ表紙からして、口が真一文字だ。特徴的な眼の輝き、普段見られない淡いブルーのキャミソールなど、魅力的な部分もあるが‥どうしても表情の乏しい印象が強くなってしまう。
インタビューで本人も「一時停止が苦手」と言う通り、この子はグラビアよりも演技をしている時のコミカルな動きや表情にこそ、真の魅力があるように思える。今後は更なる女優活動や、例えばイメージDVDの発売などの展開があれば、よりその魅力をアピールするには良いだろう。
ここからは最近お気に入りの、タレント別に列挙する形式で見ていこう。

飯田里穂
お馴染みの顔だが、小学生の頃と比べても変わらない印象。いつの間にか14歳との事だが、とても年齢相応には見えない。
やはり少女の劇的な成長に惹かれる僕としては、ちょっと推せない。。
橋本甜歌
一部ではジュニアアイドルの筆頭と持ち上げているらしいが、どうも納得がいかない。確かにその明るさと弾けるようなキャラクターは特筆すべきだが、いかんせんピュアアイドルとしての雰囲気が足りない。もう少し落ち着きと周りに配慮する優しさを持ち合わせて欲しい。
真のアイドルとは、元気さよりも優しさと穏やかさだと知るべし!
一木有海
同じ天てれメンバーとして、甜歌は有海を見習うべき。彼女こそ次世代を担うピュアアイドルの筆頭だ! 女の子らしい清楚な雰囲気はピュアそのもの。運動苦手な一面もアイドル性を際立たせる。時折、天てれで見せる屈託のない明るさもいいアクセントに。
岡本杏理
前号でも登場したが、なかなかにピュアな雰囲気に感心。恥ずかしがりで大人しめのキャラが保護欲をそそる。少し華奢過ぎる気もするが、やはり次世代アイドルは細身な美少女でなければ。ドラマ「牙狼-GARO-」(TX金曜深夜)に出演中との事。
まだこれからだが、あらゆる面で期待大。
近内里緒
昼ドラ「緋の十字架」で主人公、薫の子供時代を演じる。ドロドロの愛憎劇にありながら、清廉潔白な存在感。あどけない、柔らかい笑顔がとても好印象。オランダ出身というのも面白い。
頼むからおぢさまと呼んでっ!
村田ちひろ
天てれでは抜群のリーダーシップを発揮し、学校でも剣道部の主将に就任。文武両道で優等生的イメージが強い彼女だが‥アイドルとしてはやや伸び悩みだろうか。全てをそつなくこなし、スポーツ万能な所は、ともすればアイドル性を損なう要因になり兼ねない。要領が悪くて、運動苦手なドジな一面がある方が、人に可愛がられ愛されやすい。キャラ的に、この辺りは仕方の無いところなのか…。
船岡咲
以前にも一度掲載された事のある彼女だが、その成長ぶりには驚くべきものがある! vol.24を持っている人は見比べて欲しい。たった1年半でこの成長とは‥かくも美少女の成長は予測出来ない異常気象のごとし。
12月3日ファーストDVDイベントが秋葉原で開催予定。美少女の奇跡をこの眼で確かめてこようと思う。
藤本七海
戦前の子供じゃあるまいし、このパッツン前髪が極めて理解に苦しむところ。どうやらこれは天てれスタッフの進言によるものらしいが‥こんなおかしな髪型でキャラ付けをするよりも、美少女でアピール出来る資質を充分にこの子は持っていると思うが。
大人の勝手な遊び心で、アイドル予備軍の素質を潰すのはやめて欲しい! 馬鹿な大人の愚行に閉口するばかり。それと、あまり濃い関西弁は控えた方がいいかも…。
平田薫
柔らかい印象が心地いいかおちゃんだが、ヤンジャンで下手に水着になるより、ピュアピュアで普段着に近い服装を着けての自然な表情。という方が合っていたように思える。キャラ的にも、人好きのする性格でスタッフの評判も上々だったようだ。やはりアイドルは外見だけでなく、内面にもピュアな柔らかさは必須なのだと再確認。
残念ながら今号をもって卒業。ami

レビューというより、個々のアイドル評をしてしまった感じ。今号の総評は‥制服などのポイントは押さえているし、まあ満足出来るレベルだと思う。ただ欲を言えば、中学生でいいから水着があればより誌面が華やかになったことだろう。秋だから仕方ないといえばそうなのかも…。
注目すべきピュアさを感じ取れたのは、一木有海岡本杏理。この2人は今後も目が離せない!

|

« 謎の巻物 | トップページ | ハイスコアならず!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/7063018

この記事へのトラックバック一覧です: ピュアアイドルに必要なもの:

» 一木有海情報ページ2 [kuma_lyaの情報局X]
○新着 < [続きを読む]

受信: 2005/11/12 22:36

» ピュアピュア Vol.33 [アイドル写真集とDVD]
ピュアピュア Vol.33ドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)で大注目!!巻頭ボリュームカラー&PIN−UP志田未来キャスト:平田薫、飯田里穂、天野莉絵、福田麻由子、橋本甜歌、村田ちひろ、一木有海、藤本七海発売日:2005/11/07 ... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 17:37

« 謎の巻物 | トップページ | ハイスコアならず!? »