« それぞれの心の中に | トップページ | 姫に謁見 »

2005/07/25

永遠の少女

akiデビュー13年目にして映画「最終兵器彼女」の主演の座を勝ち取った、前田亜季
公開中の「リンダ リンダ リンダ」を含めて、女優の階段を着実に登っている感がある。
かつての「トイレの花子さん」以降、ファンである僕から見ても・・彼女の女優としての才能は疑う余地はない。演技をしている真剣な表情と、素の無邪気にハシャぐ表情のギャップには今でも新鮮な驚きを感じる事がある。
演技力ばかりでなく、歌唱力もなかなかのもの。これまでに幾つかの曲をリリースしているが、売り上げはともかくその伸びやかな澄んだ歌声は歌手としての素質も感じさせる。
このように彼女の持つ才能という面では、これからの更なる活躍を充分に期待できるだろう。

だがしかし、僕自身が今最も注目していきたいと思うのは・・もちろんアイドル性の追求なんだ!
女優志向の強い最近の女の子を見るにつけ、「なぜ自分の持つアイドル性を自覚できないんだ!」と、もどかしい思いに駆られる事が少なくない。女優ではなく、アイドルになりたいと考える女の子が昔に比べてずっと少なくなったように思う。嘆かわしい。。

さて、話を前田亜季にもどそう。
かつての、小学生から中学生にかけての神がかり的な可愛らしさ、溢れんばかりのアイドルオーラは残念ながらもうない。写真集、DVD、イベントなどのアイドル的活動もここのところしていないようだ。
つまり彼女はもうすでにアイドルを脱皮し、女優へと完全に羽ばたいてしまったのだろう。
彼女の類いまれなアイドル性に魅了され続けた僕にとって、この事実は大きく痛いものだった。

少女の光り輝く時期はほんの一瞬で過ぎ去る。
胸に刻まれた前田亜季の面影は、僕の中で永遠の少女として残り続けるだろう。

|

« それぞれの心の中に | トップページ | 姫に謁見 »

コメント

TBありがとうございます。
前田亜季さんはいつもニコニコしてて何か癒されますよねw

投稿: ヤス | 2005/07/25 17:10

>ヤスさん
亜季ちゃんの笑顔にはずっと癒されてきました。
大人になっても、その笑顔を忘れないでほしいですね!

投稿: santa | 2005/07/26 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/5144891

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の少女:

» 映画「リンダ リンダ リンダ」先行上映会行ってきました [前田愛さんサポートBlogおしゃガン]
前田亜季さんが出演している映画「リンダ リンダ リンダ」先行上映会に行ってきました。 20日の上映会では亜季さん達御本人によるミニライブ付きだったようですが、21日のシネセゾン渋谷では、劇中で最高にイカした先輩を演じておられる「優子」さんがバンド形態でミニライブを聴かせてくださいました。よかったなー。ほんと。 その後、香椎さん以外のメンバーが登場して座談会っぽい舞台挨拶。 亜季さんは前田家の伝統を守って(笑)イマイチな受け答え。前田姉妹は芸暦長いのに、こういうトコでは弱いよなぁ(^^;... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 09:51

» 前田亜季 [負け組のつぶやき]
         最近思う。。。  小さかった頃の前田亜季ちゃんは何てかわいかったんだろうか  まさに・・・  奇跡のかわいさ  これを観れば分かります。。。  「トイレの花子さん・学校の怪談シリーズ」の亜季ちゃんは本当にかわいかった  ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/27 12:42

« それぞれの心の中に | トップページ | 姫に謁見 »