« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/25

永遠の少女

akiデビュー13年目にして映画「最終兵器彼女」の主演の座を勝ち取った、前田亜季
公開中の「リンダ リンダ リンダ」を含めて、女優の階段を着実に登っている感がある。
かつての「トイレの花子さん」以降、ファンである僕から見ても・・彼女の女優としての才能は疑う余地はない。演技をしている真剣な表情と、素の無邪気にハシャぐ表情のギャップには今でも新鮮な驚きを感じる事がある。
演技力ばかりでなく、歌唱力もなかなかのもの。これまでに幾つかの曲をリリースしているが、売り上げはともかくその伸びやかな澄んだ歌声は歌手としての素質も感じさせる。
このように彼女の持つ才能という面では、これからの更なる活躍を充分に期待できるだろう。

だがしかし、僕自身が今最も注目していきたいと思うのは・・もちろんアイドル性の追求なんだ!
女優志向の強い最近の女の子を見るにつけ、「なぜ自分の持つアイドル性を自覚できないんだ!」と、もどかしい思いに駆られる事が少なくない。女優ではなく、アイドルになりたいと考える女の子が昔に比べてずっと少なくなったように思う。嘆かわしい。。

さて、話を前田亜季にもどそう。
かつての、小学生から中学生にかけての神がかり的な可愛らしさ、溢れんばかりのアイドルオーラは残念ながらもうない。写真集、DVD、イベントなどのアイドル的活動もここのところしていないようだ。
つまり彼女はもうすでにアイドルを脱皮し、女優へと完全に羽ばたいてしまったのだろう。
彼女の類いまれなアイドル性に魅了され続けた僕にとって、この事実は大きく痛いものだった。

少女の光り輝く時期はほんの一瞬で過ぎ去る。
胸に刻まれた前田亜季の面影は、僕の中で永遠の少女として残り続けるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/07/21

それぞれの心の中に

現在発売中の堀北真希セカンド写真集「ひこうきぐも」について簡単にレビューを。
四季を感じさせる情景に溶け込む美少女、堀北真希。彼女のあか抜けないありのままの魅力がよく出ていると思う。
作り自体は、少女の成長を追った思い出アルバム的な要素が強い。しかし、思いのほか綺麗な背景の自然と彼女の飾りのない表情がよくマッチしている。平凡な中にも深い印象を残す良作だと思う。
水着に関しては、ビッグコミックスピリッツ誌上で掲載されたもののみで少なめ。この点には期待していただけに残念。。 ただ値段の安さを考えれば間違いなくお買い得と言えるだろう。

僕自身は「胸に秘めた願い」でも書いた通り、堀北真希の内面に惹かれている。彼女に惹かれる者、それぞれの心の中に彼女はいるだろう。少なくとも僕の中では真摯で穏やかで優しい彼女がいる。今はそれで充分な気がする。
人の心の深い部分に足跡を残すような特徴を彼女は持っている。この写真集でそんな魅力の一端に触れてもらえれば・・。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/07/18

雨に咲いた花

maimi頬を濡らすような、しとしとと雨の降る梅雨の季節。遠い昔の初恋の記憶を思い出す。
雨の似合う、大人しくて真面目な少女。偶然、同じ場所で雨宿りすることになった思い出。高鳴る鼓動。やがて友人と合流した彼女は、楽しそうに傘の花の中に紛れていった・・。
それでも雨に濡れて帰った僕の心はむしろ清々しく、澄み渡っていた。
雨は僕の心を潤してくれる。

あの頃の彼女によく似た雰囲気を持つ少女がいる。
ハロープロジェクトキッズの矢島舞美、13歳。 ZYXの頃に比べてその美少女度は急速に増した感がある。運動神経も抜群。才色兼備の美少女のようだ。
Berryz工房に続くユニット、℃- ute(キュート)としてのこれからの活動にも期待が高まる。最近ではアフラックのCMにも出演したらしい。(少し分かりづらい)

理知的な美貌は、あの雨の清々しい清涼感を感じさせる。きっと優しい梅雨空はほろ苦い思い出を包み込んでくれるだろう。
雨は僕の心を潤してくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/09

おさかな姫

rie-DVD数あるアイドル誌の中でもジュニアアイドルを扱ったものは少ない。その限られた中で、迷うことなく次世代アイドルをフィーチャーし続けるのがピュアピュアだ。
同列のライバル誌に比べて断然写真が綺麗。モデルの人選も芸能活動を始めたばかりの卵達や女の子向けティーン雑誌のモデルなど、普段から情報収集のしづらいアイドル予備軍なのも嬉しい。
価格が少しお高いが充実した内容と隔月発売という事を考えれば納得できる。
さて、現在発売中のピュアピュアvol.31はというと・・表紙、巻頭が「瑠璃の島」でおなじみの成海璃子、天てれの村田ちひろ一木有海川原真琴の水着など盛り沢山の内容。ジュニアアイドルファンなら見逃せないだろう。
この中でも前号からの流れで、気になっている女の子が一人いる。
現代によみがえるプリンセス!天野莉絵
勝手にキャッチフレーズを付けてしまって恐縮だが・・まさにおとぎ話に出てくるお姫様のような雰囲気を漂わせている、稀に見る美少女と言えるんじゃないか!? 大きなパッチリとした眼と長いまつ毛、透き通るような白い肌が眩しい。全体的に上品で清楚な印象を受ける。
同誌で新連載を始めてしまうほどのさかな好きなキャラクターも面白い。常に魚図鑑を持ち歩くというのだから筋金入りだ。
すでに?14歳だが、これからのアイドル的展開に期待したい。
その足がかりとなるべく、グラビア連動型ピュアピュアオフィシャルDVD第4弾が7月29日発売!
発売記念イベントあり。詳細は公式サイトに掲載。
水着は期待するまい。なにせ姫なのだから。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/07/04

胸に秘めた願い

makiあまり目立たないけれど、よく見ると可愛い女の子。その胸にはささやかな夢への願いと優しさに満ちている。
そんな女の子が好きだ。アイドル界を見渡すとなかなかそういう娘は見当たらない。。
先日、深夜番組をなにげなく見ていると・・「少女と鉄道」なる番組を見る機会があった。その中で鉄道に乗って旅する少女が、堀北真希である。
旅先で出会う人々とのふれ合いの中で、知る事のなかった彼女の素顔を見る事が出来た気がする。
同年代の高校生と気さくに話す姿、鉄道オタクな子供のマニアックな話を親身に聞いてあげる姿や(普通ならかなりウザイ)特攻隊遺族の話を聞いて涙を流す姿など。これまでケータイ刑事やCMで知ってはいたが、その内に秘めた温かい優しさに触れたような感じがした。
いわゆるトップアイドル、例えるなら松浦亜弥などの、自分の魅力を外へ積極的にアピールしていくタイプとは対極の特別な魅力を感じる。目立たなくて埋もれてしまいそうだけれど、その瞳はしっかりと夢を見つめ、その胸には思いやりと優しさを持ち続けるだろうと信じて疑わない。
写真集発売の情報・・小学館より7月20日発売予定。水着が結構ありそうな予感。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »