« 究極の美少女 | トップページ | 天てれ改造論 »

2005/06/10

よみがえる旋律

胸を締め付けるような郷愁にかられるメロディ・・そんな曲が誰しもあるだろう。
かつて正統派、清純派アイドルが隆盛を極めた時代にも、数多くの名曲が存在した。
先日、押入れの整理をしていると奇妙な箱を発見。開けてみると、なんと・・西村知美のデビューシングル、「夢色のメッセージ」が! 思いがけず、甘い旋律がよみがえる。。
中学生当時、熱狂的ファンだったその思いを箱に封印するような気持ちだったのだろうか・・。
その後、高校時代に山中すみか(知る人は少ないだろう。おっとりした京都弁が魅力。)、少し間を置いて前田亜季とファン歴を経てきたのだけれど・・清純派のイメージを損なう事のない、飾りのない名曲が数多くあったように思う。(前田亜季の「ごめんね」なども珠玉!)
あの頃に比べると今はどうだろう?心に残るアイドルソングはほとんど皆無と言っていいのではないだろうか!?
今風のデジタルサウンドにのせたノリを重視した楽曲、モーニング娘。に代表される奇抜なタイトルや歌詞によって注目を引く事のみを狙った商業的な曲作りなど、少し淋しい現状に思えてならない。
あの輝かしい時代が今の時代に当てはまらないのはよく承知しているけれど・・数十年を経てなお心に残る、かつて熱く応援していたアイドルの面影ですらよみがえるような名曲が生み出されるのを願わずにはいられない。

|

« 究極の美少女 | トップページ | 天てれ改造論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/4496557

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえる旋律:

« 究極の美少女 | トップページ | 天てれ改造論 »